【読書感想・レビュー】ブロードキャスト/著:湊かなえ

イヤミス女王が描く、爽やか青春 放送部小説!

もはや人気作家の湊かなえさん

名前だけで本が売れてしまい、ドラマ化もされるだろうなと予想される作者です。

令和の東野圭吾とも言えるかなと思いましたが、東野圭吾さんも続々と新刊を出しているので

長く読書好きを楽しませてくれることでしょう

そんな湊かなえさんが青春小説を書いたというのだからこれは気になります

もはやネタバレのようにイヤミス要素なし!と書かれるあたり

もうイヤミスという言葉を定着させた女王感がすごいです

今回のブロードキャストもどうなったのか

ぜひ読んでいきましょう

簡単なあらすじ ※若干のネタバレ有り

created by Rinker
¥726 (2022/09/27 19:50:19時点 楽天市場調べ-詳細)

主人公の町田圭祐は中学生時代に陸上部の駅伝で全国大会を目指した実力者

惜しくも全国は逃すも高校でも陸上を続けようと名門の青海学院高校に入学を決める

しかし入学を待たずして事故により入部を断念せざるを得なくなってしまう

そんな佳祐に声をかけたのは同じ中学の正也

元々圭祐の声に惹かれていた正也は「放送部」へ誘うのであった。

放送部も全国を目指すレベルの部活であり、

正也や他の部員の熱意に次第に興味を持ち出す。

1年目からラジオ部門で全国を狙うことになるのだったが、

部内の先輩達を巻き込み夢を見つけることが出来るのか。

そして怪我が治った時に圭祐が選ぶのは「放送部」か「陸上部」か

リアルな脚本パート 小説か湊かなえの才能

まず陸上部でも映像部でもなく「放送部」というのがミソかも知れません

文化系で目立たないとはいえ、演劇や映画などはみんな好きであり

行き着く果ては俳優女優と華々しい世界が待っているのが演劇や映像

それらをモチーフにした作品は他にもよく見るが今回は「放送部」

確か自分の高校や大学にもあったと思うが、校内放送をしているくらいしか思い出せなかった。

大学時代に友人も入っていたが、お昼の学食や学祭などで盛り上げることはあっても

大会なんてものがあることすら知らない世界

そしてこんなにも熱いものがある世界とは知りませんでした。

熱いと言っても恐らく妙な脚色もなくリアルに書かれていると思います。

審査は斬新なものより教科書通りが良いとか、的外れな寸評が書かれているとか

作り終わったらすることがないなど

陸上部との違いを出しながら描かれます。

確かに必死に練習を重ねて、本番で結果を出せるかの陸上に比べると

締め切りまでに作品を提出したら本番はもう結果を待つしかないというあたり、

同じようで違う世界だなと感じさせられます

そして今回強く思ったのが、小説家としての湊かなえさんの実力です。

どうしてもストーリーの残酷さなどが目立っておりましたが、

今回は隠すことなく脚本をしっかり作品の中に入れております。

しかも皆が驚くような作品として書かれているのです。

これってかなり難しいことだと思うんですよね。

別に内容は書かずに、

「渡されたシナリオを読んだ。スマホに関するイジメをリアルに書かれており、これならいけると思った」

みたいに実際の脚本がなくても話としては成立したと思うんですよね。

そして後日談に至っては、脚本の添削をしている部分がしっかり書かれていたり

小説家としての力を見せつけられた気がしました

本当に爽やかなラスト 3年間分みたい

基本的に「ブロードキャスト」としての作品は高校1年生のうちに終わります。

ラストの決め方も小説らしさ全開で気持ちいい閉め方でした。

高校1年生のうちに全国に行って散るのは「スラムダンク」を思い出すような

その後の3年間もぜひ見たいなと思わせる内容でした。

部活ものなので漫画などに比べるとサラッとしている気もしますが、

これ以上先輩達のキャラ付けなどしだすとキリがないので

ちょうど良い長さかなと思います。

続編も出ているので今後のキャラ達の成長も追いたいなと思います。

作中に出てくるTシャツは実際に販売もされたとのこと

なんかこういう青春をまた送りたいなと思うこの頃でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA