ゴルフ100切り物語

ゴルファー最初の目標であり 最初の壁 100切りまでの道

ゴルフを始めたばかりの人がまず目指すのが100切りですよね。

完全に個人的な話になりますが2年近くかかった私の100切れるまでの道をお話し出来ればと思います。

登場人物

  • 後輩A君:元々100切り済み 調子の波が激しい
  • 後輩B君:同レベルで100切りを同時に目指す
  • 奥さん :愛する妻 ゴルフ嫌い



元々5年くらい前にはクラブを揃えて初コースに行った経験はありましたが、当時はそんなにハマらず。また金銭的にも毎月のようにコースに行くことも出来なかったので続けることは諦めておりました。

そんな中2019年に後輩A君が会社の異動により同じエリアの担当となった。

時同じくして後輩B君が一時的だが私と同じ部署に異動になり話すきっかけが多くなっていた。

後輩A君がゴルフを好きなことを知り、B君ともゴルフに行きたいと話していたこともあって

急にゴルフ仲間が三人も揃うということに。

すぐにコースに出る計画を立てるのであった。

みな久々ということもあり最初のスコアは私が120くらい 後輩A君が100前半 後輩B君は118くらいだったと思う。

100は切れるようになりたいね!とそこから毎月のようにゴルフを計画することになるのであった。

次のゴルフを決める日々 怒る彼女

練習場では上手く打てても本番ではとんでもないミスが起こることがわかる仲間たち

アプローチも実際にグリーンを前にすると難しいことを実感する

そうなったら経験とばかりにコースに駆り出す仲間たち

そして次第にクラブにこだわり出すことに

クラブの迷走ぶりはこちら

https://mikazukinoyoru.com/【100切りゴルフ】実際に切れた時のクラブセッテ/120/

次第に新しくなっていくゴルフクラブ

部屋に知らないゴルフクラブがあることに怒る彼女

なかなか100が切れない間に彼女は奥さんに

奥さんのお義父さんともコースを回ることにもなるが、そこでも100を切ることはできませんでした。

だが明らかな転機が起きる

とあるコースでハースベスト46を記録。

遊びで行ってみたナイターゴルフでも48とハーフでは100を切れるペースを出せるようになっていたのであった。

しかし時期は真夏

後半は暑さでバテてしまいスコアをまとめ切ることが出来ない。

でもこの調子ならと秋にはと思ったところ

この仲間たちをきっかけにとあるイベントが始まってしまう。

始まる社内コンペ 広がるスコア

こうやってゴルフをしていることを会社で話していると、社長の耳にもその話が入り社内でコンペをしようという話になった。

マラソン好きな社長だったがコロナの時期で大会が相次いで自粛。

接待で続いてたゴルフにまた力を入れていたのだろう。

普段なら少し嫌な大会であるがそこはゴルフにハマりきっていた三人

ここぞとばかりに練習を重ね力を見せつけようとしていた。

私もその前のハーフで50を切っていたので次こそと挑んだ大会であった。

そこでまさかのことが起きてしまうのだ。

昔の上司と一緒のチームになった私は最初の打席であり得ないくらい真横に飛ぶくらいのOB

そこからまともにクラブに当たることはありませんでした。

結果は120オーバー ビリから4位くらいと何の賞もない面白くない結果に

だがそこで後輩A君は98というスコアを出し第2位

後輩B君も102という好スコア

やっぱりやってるだけあるねと認められる二人に対して大きくスコアを崩してしまう私

ゴルフ辞めるべきかなぁ

そんなことも考えるほど

しかしそれで終わりませんでした。

時まもなくしてすぐに2回目のコンペが開かれることに。

幹事も任されることになったなり張り切って迎えたこのコース

https://mikazukinoyoru.com/fdyrdkhgkmhfuunjoiug/35/

テクニカルで難しいコースに皆が苦戦する中

後輩B君が唯一の100切り98にて見事優勝

私は119とここでもまた120近いスコアを出してしまったのだ。

もうすぐ冬になるししばらくやめよう

そんな思いのまま巣篭もりを始めようとしておりました。

それでもやめられないゴルフ 2021年の幕開け

2021年に入りコロナの終息も見えないこの時期

練習に出かけると怒ってしまう奥さんを起こさないように朝こっそり練習に出かける休日

レッスンに通うことも考えましたが許可も降りず

独学で100を切ることを決めたのです。

後輩A君も完全に独学にてこだわりを持っておりました。

後輩B君は少しレッスンをしてもらってから変わったとのこと。

その後も一度三人でラウンドしましたが、二人が100を当然に切る中で私だけがまだ110を彷徨っている有様でした。

ハーフベストはどこへやら、そこさえを見えない状況が続いておりました。

そんな中行われた第3回の社内コンペ

前回優勝者の後輩B君が幹事の中、なかなか癖があるメンバーと回ることになりました。

初心者も混じっていたのでカートの運転やら指示やら忙しくしていた中

後半にまさかの猛チャージ

3連続でパーを取るなど絶好調

リーダーボードもラウンド中に見れる仕組みになっていたので、どんどん追い抜き最後は社長も含めた三人での優勝争いまで

コンペの結果としては連続パーのところが見事にハンデに数えられてしまい結果は10位でしたが

グロスの順位としては2位 見事100を切ることが出来たのです。

その時の詳細はこちら

https://mikazukinoyoru.com/jldkjeidjoweij/40/

これほどスッキリした気分になれたことはありませんでした。

少しゴルフが怖くなっていましたが、それ以降はもう何も気負うことなくラウンド出来ております。

成績としてはまた落ちてしまっておりますが

愛する妻も少しは理解をしてくれたのか一緒にラウンドをしてくれることもあったり。

一緒に100切りを喜んでくれたりしたのは嬉しい限りです。

100切りはある日突然 それまではやめたくなるほどなかなか切れない旅でした。

これからはもっとコンスタントにそして長くゆっくり楽しんでいければなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA