【読書レビュー・感想】リボルバー /著:原田マハ

死ぬまで画家で生き続けたゴッホとゴーギャンの生き様を描く

夏と言えばひまわり

ひまわりと言えば「ゴッホ」

と言うわけで本屋さんに積まれてるのをみて思わず買ってしまったのがこちら

原田マハさんの「リボルバー」

「楽園のカンヴァス」を思わせるアートミステリー

こちらは読書オススメランキング100でも上位に入っております

created by Rinker
¥781 (2022/09/28 06:43:37時点 楽天市場調べ-詳細)

こうなったら読むしかない「リボルバー」

絵画がテーマなので表紙もそのままゴッホのひまわりが用いられております。

魅力的ですね。電子書籍で買うのが勿体無いくらいで思わず購入してしいまいました。

読み切った熱そのままに感想を書いていきます。

簡単なあらすじ

「ゴッホの死」アート史上最大の謎に挑む

パリ大学で美術史の修士号まで取得した主人公、高遠冴

小さなオークション会社に勤める現状は大きな仕事が来るはずもなく

空虚な日々を過ごしていた。

そんなある日、冴のもとに一丁の古びたリボルバーの査定依頼がくる

このリボルバーはゴッホが自殺した時に使用されたリボルバーであると依頼人はいう

ゴッホにはゴーギャンというライバルであり良い理解者がいた。

2人はお互いに刺激しあい、ともに作品を作り上げ、そして仲違いをしていった。

ーゴッホは殺されたんじゃないかー

リボルバーはそもそもどこから見つけられたのか

果たして本当にゴッホの死に関連するものなのか

そこに描かれるゴッホとゴーギャン 2人の画家の人生とは

死後に評価される画家の二人 ゴッホとゴーギャン

2019年に実際にパリのオークションでゴッホが使用したのではないかというリボルバーが出品されたとのこと。

16万ユーロ 約2000万円で落札もされているようです。

疑問符が残る出品でもあったようですが、だからこそこの物語が作られることになりました。

原田さんはインタビューで「10%は史実残りは創作」と言われておりました。

だからこそ圧倒的にリアルで、これ歴史を変えてしなうんじゃないかというハラハラドキドキしながら作品を読んでしまいます。

また今回注目を浴びるのはゴーギャンですね。

むしろ主人公はこちらではないかと思います。

画家としてどちらもある程度のわがままと強い信念があり、それを支えてくれる人もいる。

生きている間には評価されなかった二人だが、画家として生きることだけを貫いている

これが今の現代で出来るだろうか。

当時もそんなことを出来るのは才能のある一握りの人間だけだっただろうが、

コンプライアンスや私生活を暴露される現代において、愛人がたくさんいたなどそれだけで終わってしまう。

欲望そのままに画家として生きている二人はどこか羨ましくも思ってしまいました。

色んな人を不幸にして、自分自身も身を壊して最後は命を落としてしまう。

悲劇でありながらも、どこか人間らしさを感じてしまう結末でした。

※ネタバレ有り 結末について

最終的には事故と結論づけられるリボルバーの暴発

引き金をひいたのはゴーギャンではあるものの、故意に殺したわけではなかった。

これは舞台化されるようですが、本当に舞台向けの演出かなと思いました。

1転2転しながらも最後は悲劇に繋がってしまう。

でもその最後は信頼していたゴーギャンなら良い

史実として死の前にゴッホは私自身でこの身を解放したいと言う言葉を残していたようです。

これまた誰かを庇っているような言葉でもあり、色んな憶測を呼んでいるのでしょうが、

今回の結末にも繋がっているのかなと思います。

後日談も凄くよかったかなと思います。

友人であるリコがあまり絡んで来てないなと思っておりましたが、最後のキーパーソンとして出てきましたね。

それぞれの仕事を尊重しているからこその関係性がここにもみられるのかなと。

さながらゴッホとゴーギャンのように

まとめ オススメ度は

  • アート作品が好き
  • 原田マハさんが好き
  • 歴史ミステリーが好き

そんな方は言われなくてもだと思いますがオススメです。

一方で、アートも作者も知らないけど気にはなっていると言う方は

最初にオススメした「楽園のカンヴァス」の方をオススメします。

「リボルバー」は大変面白く、悲劇が始まってからはかじりついて読んでおりましたが、

少し前振りのところなどは長く感じてしまったり、外国の風景などはイメージしづらいなど

読書をあまりしていない方には読み進めるのが難しいかもしれません。

内容も大きな展開があったりわかりやすい謎解きなどがあるわけでもないので、

諸々初めての方は難しいかもしれません。

ただ画家の人生を追体験できる貴重な作品でもあり、それを見つめる現代で働く私たちの生き方を再度見つめ直すきっかけにもなる本です。

ぜひ1度手にとっていただければと思います。

読んだ方は感想を共有出来ていれば幸いです。

 

created by Rinker
¥1,760 (2022/09/28 06:43:37時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA