【読書・レビュー】話題作 ルビンの壺が割れた/著:宿野かほる

話題作!ルビンの壺が割れた いざ尋常に騙されよう!

本屋でもかなり見かけておりましたこちらの作品

きっかけはアメトークの東野さんが紹介したところからだったようですね

サクッと読めるので立ち読みで全て読み切ってしまったなんて人がいるほど

先が気になってしまう作品となっております。

個人的には小さな奇跡が起きておりまして、

最近読んだ本が、湊かなえさんの「未来」

宮本輝さんの「錦繍」

そして今回「ルビンの壺が割れた」

わかる人にはわかるでしょう、そう書簡小説です。

手紙が中心となり構成された小説のことを言い、

ましてや「錦繍」「ルビンの壺が割れた」に関しては100%手紙のやり取りとなっております。

今回のルビンは時代がら「Facebook」のメッセージを利用したやり取りとなっております

絶妙なスピード感を味わいながら読むことが出来るでしょう

では簡単なあらすじは以下の通りです

created by Rinker
¥539 (2022/09/28 06:11:27時点 楽天市場調べ-詳細)

簡単なあらすじ ※ネタバレは注意しますが、厳禁な作品です。

突然のメッセージを送ったのは元恋人で結婚の約束までした女性

Facebookで彼女を姿を見つけて思わず送ってしまったのであった

大学の演劇部で出会った2人

色んな壁がありながらも惹かれあった2人は結婚式まで迎えることになった。

しかし結婚式の当日に彼女は姿を見せなかった

30年の時を過ごした今だからこそ語られる内容。

しかしその結末は意外な方向へ・・・

個人的な感想

これは中々思わぬ方向へと向かいました。

そして最高潮のままラストを迎えます

思わずふふふと笑ってしまった程でした。

明かされていくエピソードに驚きつつも

少し無理があるかなーとも思ってしまうところもありましたね。

特に伏線などを張っているわけではないので、本格ミステリーを期待して読んでしまうと違うのかなと思います

単純にFacebookを通じての淡い青春時代の思い出話かと思いきや、

最終的にはサイコでドロドロな人間劇が待っています。

最後のメッセージの高鳴りは最高でしたね。

賛否両論!覆面作家と話題に事足りない作品!

宿野さんは覆面作家となっており、名前が知れてしまうと困る業界の方のようです

作品の構成も友人の話が基になっているとのことなので、そちらへの配慮をしたとも言われております。

元々友人同士で回して読んでいたら出版の話までなったとのことなので、

夢のあるような、そもそもそう言った業界にいらっしゃる方なのかなと推測されますね

ただし期待以上に持ち上げられた作品には賛否がつきものですね。

最初が説明臭かったり、そもそもなんでメッセージに返信したのかや

ちょっと女性側の気持ちがわからなさすぎて、ラストが共感できなかったりなど

持ち上がれば叩かれる、これも出版ならずともどの業界でも当然起きてしまうことなのでしょう

個人的には楽しめましたし、SNSを使っての書簡作品というのは初?かなとも思うので

こういったものはやったもん勝ち!先に話題になるのが大事なので、新潮社の売り出し方もうまかったなと思います。

宮本輝さんの「錦繍」という文学作品の後でしたので

新旧でこんなにも変わるものかと高低差が鼻水が止まりません。

小説とは楽しいものですね

created by Rinker
¥858 (2022/09/28 05:05:21時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥605 (2022/09/28 06:11:27時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA