ゴルフのクラブケース使ってますか?

ゴルフ好きの誕生日プレゼントにも クラブケースを使ってみよう

ゴルフのバックといえば大きい場所をとるキャリーバックを思い浮かべますよね。

知り合いに奥さんから邪魔だからと実家にゴルフケースを置いている方もおりました。

そんなコースを回るには絶対に必要なものですが、

練習に行くだけだったり、徒歩での移動にはなかなか不向きなゴルフバック

最近はクラブケースと呼ばれる小さめのケースがあるのをご存知でしょうか。

現在東京でのゴルフ生活を余儀なくされている私にとっては

中々練習に行くのにゴルフバックを持って移動するのが難しい現状がありました。

そんな状況もあって妻から誕生日プレゼントとしてクラブケースを買ってもらいました。

こんな感じのものです。

[土日祝も出荷可能]【送料無料】 トミーヒルフィガー ゴルフ ストライプデザイン THMG1SKA クラブケース Tommy Hilfiger STRAIPE CLUB CASE【あす楽対応】

各ブランドも色々出しておりまして

シンプルな安いものだと3,000円くらいから

ブランド物でも1万円を切るくらいで売られております。

色んなブランドを見た結果、安定のトミーフィルフィガーを選ばせていただきました。

服にしてもバックにしてもトミーは同じロゴを全面押し出しですが、

安定したデザインがおしゃれで好きな人はずっと好きですよね。

とても気に入っております。

実際に何本入るのか 実際に入れてみた

これが実際の写真です。

悪くないですね〜

この中にドライバー ユーティリティー 7番アイアン ピッチング アプローチウェッジ

の5本を入れてみました。

実際に練習するとしたらこの5本がメインになりますし、

サクッと練習行くのであればこれだけ入れば問題ないかなと思います。

実際はこれにあと2本くらいはアイアンが入りそうです。

ドライバーが少し大きめのヘッドなのでものによってはもっと入るかと思います。

5〜7本は持ち運び可能なレベルです。

重さ的にも5本くらいならそこまで負担に感じることもないくらいですよ

中の写真はこんな感じです。

クラブケースのメリット・デメリット

メリットは何と言っても持ち運びの身軽さでしょう。

電車を使っての移動や徒歩での移動

自転車を使っての持ち運びなんかも出来ます。

車を持っていないゴルファーに普段練習にはもちろん、

車移動の方もゴルフケースを積んでいたら場所も幅も取るので打ちっぱなしに行くくらいなら

クラブケースでの移動が良いと思います。

練習するクラブを厳選できる

1時間くらいの打ちっぱなしではあまり色んなクラブを試すのではなく、

5本くらいに絞って集中して練習した方が良いでしょう。

1通り打ちたくなったり、ドライバーばかり練習してしまいがちですが

5本くらいに絞って練習した方が効果は大きいと思います。

ラウンド時のサブバックとしても使える

中にはキャリーバックにそのもに引っ掛けられるものもあったり、

コースの途中の持ち運び用にサブで持っていく人もいます。

折り畳めばかなり小さくなるので、

ケースの中や物置スペースに置いておくことも可能です。

クラブを汚すこともありませんし、たくさん持っていきたい人などはあると便利かもしれません。

一方でデメリットはなんでしょうか

これだけでコースを回るのは難しい

これに7本ほど入れて通常のラウンドにいけるかというと難しいかもしれません。

実際にやったわけではないです、小さいタイプのキャリーバックでも断られてしまう知り合いもいたので、これだけで行くのは厳しいものがあるかもしれません。

ゴルフ場によりますが無償でケースを貸し出してくれるところもあったり、特に文句も言わないでしょうから自分で手で持っていれば大丈夫なところもあると思います。

ただフルのキャリーバックなしでクラブケースのみでゴルフを続けるのは現実的ではないですね。

キャリーバックの代わりにこれでとまでは出来ないところでしょう。

種類も豊富 ゴルフに幅を持たせよう

クラブケースと言っても種類はたくさんあります。

プレゼントしてもらった上記のようなシンプルなサイズ

持ち手のところが芯があったり、スタンドとして機能するタイプもあります。

ミニゴルフなど自分で持ち運ぶ必要があるコースなどでは重宝されますね。

なんにせよ、あると便利なクラブケースの紹介でした。

ゴルフ好きの方へのプレゼントなどにもおすすめです。

ゴルフは何かとアイテムが多いので、誕生日などはそう言ったものを送ってもらえると嬉しいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA