【よくわからん】賃貸マンションの管理会社ってそもそも何?

そもそもマンションの管理会社って何なの?お金払ってるの?

賃貸のお部屋を契約した際に

【住んでからのお部屋のトラブルはこちらに連絡してください】

って不動産会社から案内受けますよね。

実際に住んでみてら設備の調子が悪かったから優しくしてくれた仲介の女の子に連絡してみると

【設備のトラブルは案内した番号にかけてください】

と、あれ部屋を決めるまではあんなに尽くしてくれたあなたはどこ?状態

案内を見てみると今まで聞いたこともないような会社名

もしくは借りた会社に似ているが別な名前の会社であったり。

クレーム対応は別の部署でやっているのか〜

たらい回しにされて印象悪いなと思ってしまいますよね。

厳密にはこれもまた違い、不動産の中でやってる業務が違うのです。

実際に案内された番号にかけてみたら、まぁ優しく工事の手配はしてくれたけど

あなたは誰?

それが私です。マンション管理のクレーム対応をしております。

この記事では

  • 賃貸マンションの管理会社って何者?
  • 管理会社の費用はどこから出てるの?
  • 常にマンションにいるの?どのくらい現場に来るの?
  • 修理などの対応が遅いのはなぜ?

こう言った問いにお答えします。

 

マンションの管理会社は建物オーナー(大家)の代理人です。

建物にはもちろん所有者がおります。

誰かの物であり、それを借りるのが賃貸契約です。

所有者であるオーナー(大家さん)

借主との間に入って契約するのが街の不動産屋さん(仲介業者

オーナーさんは自分の建物を借りてくれる人を探して欲しいと不動産屋にお願いするわけです。

不動産屋は部屋を借りてくれる人を探すことが仕事であり、その後の対応まではしません。

基本的にはその後の設備の修理や建物の修繕などはオーナーにて行わなければならないのです。

クレームの窓口、修理業者の手配、家賃の集金、滞納したら督促

そしてまた退去した際に不動産屋にお願いに行く。

これらを全て行わなければならないのでオーナーさんの手間も多いわけです。

そこで出てくるのかオーナー代行の管理会社!

煩わしいオーナーさんの業務を全部やりますよ、何かあれば連絡するので寝ててください。

不動産屋さん、住んだ後の連絡先は僕ら管理会社が対応するのでこちらを案内してください!

これが管理会社です。

管理会社が入っていない場合、住んだ後のトラブル連絡はオーナー直接になるわけです。

ですので管理会社はオーナーの代行会社になります

マンションの管理料はオーナー様からいただいております

基本的にオーナーさんの代行会社なので管理料と言われるものはオーナーさんよりいただいております

元をただせば入居者の家賃ではないか!という意見はごもっともなのですが

入居者から管理会社を使う利用料を取ることはございません

※例外的に受付センターなどで別途取る良くない管理会社もございます。

入居者が管理会社を選べるわけでもないですし、どんだけ不満があっても

オーナーの代理である管理会社を変えることが出来ないのも事実ですね

実家の分譲マンションにいた管理人室にいるおじさんとかとは違うの?

賃貸と分譲では規模と予算の出所が違う 管理会社の種類も違う

混合されがちなのが分譲マンションの管理と賃貸マンションの管理

実家の分譲マンションには常駐のおじさんいたけど、賃貸には何故いないの?

これは規模と予算が違うと言ってしまうとそれまでですが

賃貸は1人のオーナー様から管理料を貰って代行するサービスであり

分譲は入居者にて管理組合を結成しており、組合費を全員から徴収しております。

その費用から管理会社を利用していたりするのでサービスが根本的に違います。

最近では高級賃貸としてコンシェルジュがいる物件もあったりしますが、

その費用も家賃に含まれているとみて間違いはないです。

分譲マンションで育った人は賃貸の管理会社のスピード感などに不満を持たれる方も多いみたいです。

実際に管理している物件に行くことは月に1度くらい

下手すると全くない場合もございます。

良くも悪くも何もなければ物件に行くこともないわけですね。

わかったから、早く設備を修理してくれ!

最後は管理会社の権限についてです

オーナーの代行ならその場で決断して早く修理をしてくれという意見もごもっともです。

しかし管理会社で出来る権限はごく僅かと言っても過言ではございません。

基本的にお金がかかることに関してはオーナーさんの費用負担になるので

管理会社で決断出来ないことがほとんどです。

中には管理のサービスですぐに修理出来ることもありますが

一度持ち帰りになってしまうこともあります。

あくまで代行であり間に立って話をしている会社だと思っていただければと思います。

 

まとめ 管理会社と仲介会社は違う

部屋に住んだ途端に離れていく不動産屋は

そもそも部屋を決める為にオーナーさんから頼まれている会社なのです。

またその後の対応については別の管理会社にオーナーさんが頼んでいることが多いので

連絡先や対応が違うというわけです。

冷たくなった仲介会社の方を嫌わないでいただけたら幸いです

中には賃貸と管理を一体でやってる大手であったり

そもそもオーナーさんが管理会社をやっていたり

サブリースという契約で、賃貸の貸主がそもそも不動産屋だったりなど

形態は色々ありますが

建物所有者(大家) ⇨ 管理会社 ⇨  仲介不動産屋 ⇨ 借主

という構図は一緒です。

これだけ間に入るのには、

不動産はトラブルが多い証拠です。

どれだけオンライン化や技術が進んでいこうとも

人が住んでいる限りこの構図は変わらないかなと思います。

管理会社の仕事などはまた別の記事にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA