【読書レビュー】楽園とは探偵の不在なり

ミステリーは新しい時代へ 特殊設定を楽しもう

ミステリー小説はで大事なものは舞台設定だと思っています。

現実の世界で出来るトリックを考える作者もいますが、どんなトリックでさえその設定だからこそ成り立つということはあるのです。

例えば東野圭吾さんの名作「容疑者Xの献身」

トリックは割愛しますが献身だからこそ成り立つトリックだと思います。

それでも毎年のように様々なミステリー小説が誕生し

いくつもの探偵が活躍するこの時代です。

もう新しいタイプのミステリーは出ないのかなぁと思いきや

作家さん達は新しい設定を考えているのです。

世はまさに特殊ミステリー時代

その中で話題になったこちら「楽園とは探偵のふざいなり」

赤く不気味な表紙が読書心を誘ってきました。

簡単なあらすじ

人を2人以上殺すと天使に地獄へ引き摺り込まれる世界

ある日突然降臨した天使に世界のルールは書き換えられた

これにより一時的に犯罪は減るものの、死なば諸共も大量殺人も増えた

仲間達と探偵業を営んでいた青岸はこの天使の降臨により仕事が減ってしまっていたのだ。

そして悲しい過去を持つ彼が招かれるまま降り立ったのは天使が大量に現れる島

そこには天使に関して色んな思いを募らせた人々がいた。

絶対に連続殺人が起きない世界。そこで起きてしまった。

何故、2人も死体が出てしまうのか。

そして事件は止まらない。

暗い過去を思い出しながら青岸は事件の調査を進めていく。

感想 〜若干のネタバレあり〜

2人以上殺すと天使に地獄に落とされる世界。

読み終わった後も実際に起きたらどうだろうと考えてしまっておりました。

もはや現実世界がそうなったと思うくらい貴重な読書体験をさせていただきました。

2人というのが上手いですね。基本的にはないと思いますが1人を事故やらで殺してしまう可能性もある。でも2人ともなると、裁かれていいのではなんて思ったり

余談ですが日本の司法で死刑になるのは2人以上殺したかどうかがポイントになると言います。

2人殺すということが確かに地獄に落ちても良いと思ういいボーダーになっています。

そんな中でどうやって連続殺人が起きてしまうのか。

正直な感想としては、一部は予想通りだったかなと。

自分では手を下さずに仕掛けによって最後の一撃を与えた人がカウントの対象になる

「毒を作った人ではなく、毒を入れた人が地獄に落ちた」というエピソードも上手く伏線で張られていましたし、ここは予想通りでした。

もうひとつの地獄に落ちるくらいなら自殺というのは、少し共感は出来ないかなと。

それほどまでに恐ろしいことなんでしょうが、予想は難しかったです。

最後の展開は中々良かったですね。

犯人は取捨選択でまぁそこしかないかという気持ちもありましたが

読後の余韻などは久しぶりに世界観を引きずりました。

また探偵の過去の仲間達は魅力的でした。

天使降臨により悲しい結末を迎えますが、スピンオフでこの探偵事務所の話を書いて欲しいくらいです。

作者の斜線堂有紀さん 女性の方ですかね。

最近面白いと思う作者はほぼ女性ですね。

今後の作品もチェックしたいと思います。

このミステリーがすごい!でも6位!

今後に期待ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA