不動産屋の仕事 様々な種類

不動産屋の仕事って何してるの?転職するには

以前にマンションの管理会社への転職はどうなのという記事を書きましたが

マンションの管理会社以外にもたくさんの種類があります。

今回はその種類について書きたいと思います。

不動産といっても様々な種類がございます。

一概にブラックな不動産と言っても違いがございますのでぜひ見ていただければ

いつ見ても求人がある不動産業界。

ある程度の安定がありますが、その辺りも見ていただければ

賃貸不動産営業

一番イメージにあるのがこちらだと思います。所謂お部屋探しの案内をしてくれる人です。

街の賃貸情報を入り口に貼ってたりする不動産屋とかが多いです。

基本的にはオーナーさんから集めた募集条件を基に部屋を案内してかかる初期費用を出したり

実際に契約までします。

案内以外にも空室の写真を撮ったり、それをホームページに載っけたり、物件探しから、オーナーさんへの営業など多くの仕事があり、場所や店によってはかなり激務です。

また一般のお客さんの案内なので、土日は仕事であることが多く、それでいて予約をドタキャンされることもございます。

女性の営業マンを多いので、店によっては活気に溢れるので、人が良ければ楽しく働くことも出来るでしょう。

歩合のところも多く、どれだけ多くの物件を決めれるかで給料も変わることも多いです。

売買専門不動産

賃貸と売買は似ているようで違います。

同じ不動産内でやっているところもありますが、売買専門でやっているところもあります。

主に売り物件の発掘と買いたい人の客集め

法人相手や個人相手など様々です。

買いたい人はいくつかリストがあるので、基本的には物件の売り情報待ち

良い物件は出たら世に出ることなく業者間で売買が実施されます。

休みは平日であることが多いですが、法人相手専門とかだと土日休みになったりもします。

給料は歩合の場合賃貸よりは数が少ないですが、一発が大きいメリットもあります。

マンション管理業者

私が働いているのがこちらマンションの管理業者です。

マンションの修繕やクレームを入れる連絡先に書かれている会社です。

主な業務としてクレーム対応の他にマンションの保守業務の手配 賃料の精算業務 入居者退去の時の立ち会い 大規模な修繕工事の提案などです。

緊急の修繕で出動があったり、クレームの対応をしなければならなかったり、時間を取られることが多く、思うように仕事が出来ないなどございます。

ただ安定感は業界1番であり、管理の手数料で給料は確保されているなど会社の基盤になる仕事です。

工事利益で歩合になることもありますが、大規模な工事などは時期が来たら必ず行わなければならないことなので、給料面での安定はあります。

マンションがこの世にある限りなくなることはない仕事だと思われます。

不動産の社宅代行会社

主に法人のお部屋探しを代行して行っている会社があります。

〇〇コーポレートサービスなどがそれにあたります。

社員の部屋を借りる際に会社の人事部は不動産会社に依頼して部屋を選んだり、敷金の調整をしたり、やることが多いのです。それなのに毎年新人は何十人と入ってくるなど、それだけをしている人がいるなど問題がございました。

そんな中そんな煩雑な仕事を代理で行っているのが代行会社になります。

法人相手なので基本的に土日休み。部屋探しも不動産会社に依頼するのみなので自分から部屋を探すこともございません。

ただ法人相手になるので細かい規定があったり、期限が決められていたり、反対に全然返事がなかったり。

自分で部屋を探すことも出来ないので、いい物件が見つからなかったら不動産屋をせっつくことしかできなかったり。

また新規の法人を見つけてくる営業部門もございます。

パートや主婦などの方が働くことも多いイメージを勝手に持っております。

分譲マンションの営業 デベロップメント

分譲マンションを専門に販売、仕入れ、建築などをしている会社です。

販売だけをしている会社もありますし、全てを行っている会社もございます。

みなさんが思っている不動産に勤めている人のイメージはこちらに近いかもしれません。

ガッツリ売ってガッツリ稼ぐ

金額も高いですし、それでいて数も多いので稼げる人は稼げる分野です。

ただ営業ノルマは高く、電話営業や訪問営業をしているところもあります。

休みはお客さんに合わせることが多いので土日はほぼ出勤となるでしょう。

分譲マンションの管理組合

分譲マンションの管理組合を結成する仕事です。

マンション管理士などの資格がいるほか、現場の常駐作業員の仕事などもあります。

入居者を集めての説明会などしなくてはならないので土日はほぼ潰れます。

なってしまえば組合を変えることはほぼないので安定していると言えます。

工事なども計画的に行うので、数字作りはそこまで難しくないです。

ただ正確さと細やかさが必要になってきます。

しつこいクレームも多数おきます

賃貸マンション建設業者

不動産業というより建設業になってしまいますが、

賃貸のマンションを建てる営業も近いところで仕事しております。

不動産の相場をわかっていなければならなかったり、建てた後の管理のことも把握していなければならなかたっり。

やることはマンションを建てるというシンプルなものですが、それまでの過程は色んな要素を抑えていなければなりません。

銀行などの紹介などからコンペになったりしますが、未だに地主さんへの飛び込み営業なども存在します。

お客さん第一なので休みなども調整になりますし、なかなか取れる仕事でもないので数字の0が続くことが何ヶ月と続くなんてことも。

まさに一発大当たり狙いのハイスペック狙いの仕事です。

再開発事業

PFIなど民間の力にて再開発を行う事業が活発になっております。

駅前だったり、図書館など公的な施設の建築から管理まで行う会社です。

主には財閥系の不動産屋、大手のゼネコンなどが主になりますが

公的な工事の下請けなどで関わることもあります。

開発の建設的な話から、テナントを決めるリーシングと呼ばれる不動産屋的な動きも必要になります。

大きな会社でそれぞれの部署があるパターンもある

元は大きな会社で部門で分かれているところもあります。

賃貸不動産は00って会社で行っているけど、管理会社は◯✖︎って会社名だったり、そもそも建築してるのも同じ会社の00建設だったり

部署で分かれていることもあれば、別会社になっているなんてこともあります。

お部屋探しで入ったのに、気付いたら分譲マンションを売ることになっていたなど

建設部門で入ったのに最後は管理事業を行っていたなどもあります。

色んな業種にチャレンジできるとも言えますが、異動が多いとも言えます。

でも不動産会社は小さいところが多いので、ある程度異動がないと飽きてしまったり

人間関係が変わらないなんてこともあるので

ある程度は支店があった方が良いとも言えます。

不動産に関わる仕事は多い

その他にも不動産に関わる仕事は多いです。

不動産を売買するのには測量士、行政書士、そして何よりお金が動くので銀行

部屋が1件退去するのに、清掃業者、内装業者、鍵業者

その他にも入居の際の保証会社、保険会社、

オーナーさんにも不動産信託やリートと呼ばれる投資物件があるなど

不動産に関わる仕事は山のようにあります。

それぞれの専門性こそありますが、不動産をかじると色々幅が効くということもあるでしょう。

離職率が多いと言われる不動産業界ですが、その分異動する場所も多いのも事実であり

なんだかんだ同じ業界で経験を活かしている人も多いです。

かといって30代や40代でも転職して活躍する人もいますし、

50代や60代または退職した後にマンションの管理人や管理業務のお手伝業務につくなど

長く経験を活かすことが可能です。

簡単な仕事ではないですが、少しでも興味があるか、嫌いじゃないと思っているのであれば

踏み込んでも良い世界かと思います。

以上、何かの参考になれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA